Sheep's Bizarre Book Review

邦訳:緬羊書評協会。文系大学生がSFを読むブログです。SFは文理の壁を越えます、多分。

読書

ベストセラーの裏側に 「カササギ殺人事件」アンソニー・ホロヴィッツ

「小説の中にある小説」を巡って起こる事件を、主人公たちが追う。そんなマトリョーシカのようなミステリー「カササギ殺人事件」(2018、アンソニー・ホロヴィッツ、山本蘭 訳)を紹介します。 あらすじ 「カササギ殺人事件」感想 業界の裏話 王道の魅力とち…

劉慈欣「球状閃電」 ネタバレあらすじ

量子論をかじるきっかけを与えてくれて感謝

文字の壁 筒井康隆「虚航船団」

講義の書き起こしの読みにくさは異常。

Book Review - Ball Lightning (Cixin Liu)

Book review by Japanese college student .

向かうべき2つの「正しさ」 テッド・チャン「偽りのない事実、偽りのない気持ち」

チャンスには…『おまえが向かうべき2つの正しさ』がある。

本好き大学生のための書評寄稿のススメ

本が好きなら、書評を書いてみよう。

山尾悠子「山の人魚と虚ろの王」

人魚もいいが、「非在の猿」の話も好き。

21世紀の若者はSFに夢を見るか? 後編

1999年生まれの大学生が、自分のSF観を語るだけです。

21世紀の若者はSFに夢を見るか? 前編

1999年生まれの筆者が自分のSF観を語るだけです。

ジョジョの奇妙な小説

ジョジョの奇妙な小説 Jojo's Bizarre Novels

「天冥の標」記事まとめ 前半

「天冥の標」第一巻~第五巻までの記事のまとめ

運命の一編 井上靖「北の駅路」

「天平の甍」「敦煌」「氷壁」とは一味違う井上靖

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 反省編

「チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史」の反省など

天冥の標 消信戦争以前の年表

「天冥の標」の2巻~6巻中盤で描かれる未来史の年表

ジョジョ好きに刺さる名スピンオフ 上遠野浩平「恥知らずのパープルヘイズ」

「”恥”の感覚。それはオレにとって、人生で初めての”熱さ”だった。」

山尾悠子「飛ぶ孔雀」—さぁ、流されよう。

山尾悠子『飛ぶ孔雀』の感想 内容の考察はあきらめて読み方の考察をしてみた。

銀河英雄伝説日記まとめ

大学生が読む「銀河英雄伝説」記事まとめ

もしも球電が軍事転用されたら? 劉慈欣「球状閃電」

劉慈欣「球状閃電」あらすじと解説

愛は地球を救ったのか?—劉慈欣「三体Ⅱ 黒暗森林」考察

劉慈欣「三体Ⅱ 黒暗森林」考察

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 解答編

小川一水の長編SF「天冥の標」の中の未来史を、東大世界史の形式で概説する無茶振り企画 第五回

電子書籍のいいとこ悪いとこ

電子書籍の利点と欠点と、私的電子書籍との付き合い方について

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 解説編③

小川一水の長編SF小説「天冥の標」の中の未来史を、東大世界史の形態で概説する無茶振り企画 第四回

仕事をしてない人類が、仕事をしているAIと、仕事の意味を考える:野﨑まど「タイタン」

野﨑まど「タイタン」あらすじと感想

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 解説編②

「天冥の標」の未来史を東大世界史第一問風に描く無茶振り企画の解説回②

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 解説編①

「天冥の標」の未来史を東大世界史第一問風に描く無茶振り企画の解説回①

チャレンジ企画 天冥の標×東大世界史 問題編

「天冥の標」の中の未来史を東大世界史第一問風に描く無茶振り企画

頭脳とゴリ押しのコンゲーム—デレク・クンスケン「量子魔術師」

波動砲みたいな兵器は正義。

一粒で二度おいしい—池井戸潤「半沢直樹 アルルカンと道化師」

解説といっても、タイトルについて少しだけ。

銀河英雄伝説日記⑩落日篇—英雄の時代の終わり

”政治は、それを蔑視した者にたいして、かならず復讐するのだ。”

銀河英雄伝説日記⑨回天篇—未来への遺産

「死ぬにあたって、幼い子供を託しえるような友人をもつことがかなえば、人生最大の幸福だ」