ひつじ図書館

本と映画の感想ブログです。SFおおめ、恋愛すくなめ。

読書

劉慈欣「球状閃電」 ネタバレあらすじ

邦訳未出版の劉慈欣「球状閃電」のネタバレあらすじです。私の英語力が及ばず勘違いしている部分もあるかもしれないのでその点はご了承ください。 ネタバレなしの記事はこちらから↓ www.bookreview-of-sheep.com 研究者たち 球電の秘密 軍事転用へ 核融合 そ…

文字の壁 筒井康隆「虚航船団」

講義の書き起こしの読みにくさは異常。

Book Review - Ball Lightning (Cixin Liu)

Book review by Japanese college student .

デジタル時代の2つの「正しさ」 テッド・チャン「偽りのない事実、偽りのない気持ち」

「われわれは、造作なく本を読めるようになると同時に、知的サイボーグになる。その結果は深遠だ。」

本好き大学生のための書評寄稿のススメ

本が好きなら、書評を書いてみよう。

山尾悠子「山の人魚と虚ろの王」

人魚もいいが、「非在の猿」の話も好き。

21世紀の若者はSFに夢を見るか? 後編

1999年生まれの大学生が、自分のSF観を語るだけです。

21世紀の若者はSFに夢を見るか? 前編

1999年生まれの筆者が自分のSF観を語るだけです。

「ジョジョの奇妙な冒険」の4つの小説作品を紹介ッッ!

この記事では「ジョジョの奇妙な冒険」のファン向けに、「ジョジョ」の小説の中から4作品を紹介します。正統派ノベライズからブッ飛んだものまで、色々そろった個性豊かな作品たちをお楽しみください。

「天冥の標」記事まとめ 前半

「天冥の標」第一巻~第五巻までの記事のまとめ

やる気が湧かないあなたへ 井上靖「北の駅路」

無気力状態にある人、何もかもどうでもよくなってしまった人へ。そんなあなたが、もしかしたら共感できるかもしれない小説「北の駅路」(井上靖)を紹介します。 作品情報 起:謎の送り主 承:底のない堕落 転:助け舟 結:本の限界 解説:底のない堕落を抜…

天冥の標 消信戦争以前の年表

「天冥の標」の2巻~6巻中盤で描かれる未来史の年表

ジョジョ好きに刺さる名スピンオフ 上遠野浩平「恥知らずのパープルヘイズ」

「”恥”の感覚。それはオレにとって、人生で初めての”熱さ”だった。」

山尾悠子「飛ぶ孔雀」—さぁ、流されよう。

山尾悠子『飛ぶ孔雀』の感想 内容の考察はあきらめて読み方の考察をしてみた。

銀河英雄伝説日記まとめ

大学生が読む「銀河英雄伝説」記事まとめ

「球状閃電(英訳版)」(劉慈欣)あらすじと解説

「三体」シリーズの前日譚「球状閃電」(劉慈欣)のあらすじ(ネタバレなし)と感想です。謎の現象「球電」の正体とは、そして球電兵器を手に入れた人類はどこに向かうのか?邦訳が出ていないので、骨折って読んだ英訳版をもとに紹介します。

愛は地球を救ったのか?—劉慈欣「三体Ⅱ 黒暗森林」考察

最終更新:2021/04/22 劉慈欣の「三体」シリーズの二作目「黒暗森林」の考察記事です。ネタバレを含みます(更新の際に字数が激増したので記事を二つに分けました)。 「三体Ⅱ 黒暗森林」あらすじ 「三体Ⅱ 黒暗森林」考察 不幸な主人公たち 愛は地球を救う?…

電子書籍のいいとこ悪いとこ

電子書籍の利点と欠点と、私的電子書籍との付き合い方について

仕事をしてない人類が、仕事をしているAIと、仕事の意味を考える:野﨑まど「タイタン」

野﨑まど「タイタン」あらすじと感想

一粒で二度おいしい—池井戸潤「半沢直樹 アルルカンと道化師」

解説といっても、タイトルについて少しだけ。

銀河英雄伝説日記⑩落日篇—英雄の時代の終わり

”政治は、それを蔑視した者にたいして、かならず復讐するのだ。”

銀河英雄伝説日記⑨回天篇—未来への遺産

「死ぬにあたって、幼い子供を託しえるような友人をもつことがかなえば、人生最大の幸福だ」

山本弘「輝きの七日間」—SF寓話

「これはSFではありません。地球が直面している本物の危機なのです。」

銀河英雄伝説日記⑧乱離篇—残酷な真実

「人間は主義だの思想だののためには戦わないんだよ!主義や思想を体現した人のために戦うんだ。」

銀河英雄伝説日記⑦怒濤篇 —少し足踏み?

「健康と美容のために、食後に一杯の紅茶」

銀河英雄伝説日記⑥飛翔篇—年金よさらば

「けっこうな論理ですな。国家が個人を売るのはよいが、その逆は許されないとおっしゃる」

銀河英雄伝説日記⑤風雲篇 —究極の政体論争

「人民を害する権利は、人民自身にしかないからです。」

銀河英雄伝説日記④策謀篇—終わりの始まり

「そりゃそうさ。悪の権化なんて立体TVのなかにしか存在しない」

銀河英雄伝説日記③雌伏篇 —新展開

「そうじゃない。支配し、抑圧するための暴力と、解放の手段としての暴力だ。」

銀河英雄伝説日記②野望篇—内戦と準備の一年

kindleのレビューに潜むネタバレという地雷