ひつじ図書館

本と映画の感想ブログです。SFおおめ、恋愛すくなめ。

エッセイ「Google Search Consoleでドメイン所有権が確認できない」

f:id:sheep2015:20210513194240p:plain

!注意!

 このページは、私がGoogle Search Consoleの設定をしているときにしでかした、超初歩的なミスについてのエッセイです。どうか生暖かい目で読んでください

 

 

「深刻な」技術的問題

「はてなブログProに移行して、お名前ドットコムで独自ドメインを取得したのに、Google Search Consoleでドメインの所有権が確認できないんだけど!!」

 

という方へ。

 

 「お名前ドットコム」で「DNSレコード」を設定する時、下の画面で「追加」を押してから保存しましたか?

 

f:id:sheep2015:20210512083134p:plain



 成功すると以下のような画面になります。

f:id:sheep2015:20210512084329p:plain

 

 ついつい「TYPE」と「VALUE」*1欄を埋めただけで満足して、ページ下の「保存する」を押してしまいがちですよね。ちゃんと「追加」も押さないと設定できないので注意しましょう。同じ問題で困っている方は参考にしてください。

 

 

 

 

ツッコミ:公式が言っています。

 …と、さも大したことのように書きましたけど、「追加」を押すことなんて、当たり前ながらお名前ドットコムのページに書いてある基本中の基本なんですよね…

 

www.onamae.com

 

 正直こんな単純なミスをするのは自分だけだと思いますが、0.001%くらいの確率で同じ問題で苦しんでいる人がいるかもしれませんし、何よりも自分への戒めとしてこの記事を書く次第です。

 

 

教訓:サイトコンテンツと技術的問題

 大抵のことはネットを調べればわかるこの時代、

「独自ドメインとかDNSとか、ブログの技術的なことってよく分からないけど、手順が書いてあるサイトを見ながらやればいいや」

と思いがちです。そうやって、何も考えないでいると私みたいな落とし穴にはまるよ、というのが今回の教訓です。

 

 よっぽど収益化にこだわりがある人でない限り、大抵の人は「書きたい!」という純粋な思いでブログを始めると思います。そうすると、ついついブログの見やすさや、SEO対策(必須ではないけど...)などの、ある意味技術的な問題がお留守になりがちです。

 

 とはいえ、技術的な問題にこだわりすぎてGoogle Analytics やGoogle Search Consoleとにらめっこしてばかりなのも考えものです。ブログを始めたそもそもの目的が「書くこと」なら、アクセス数やインプレッションに振り回されずに書くことを優先すべきです。Googleも「サイトのコンテンツが第一」という態度をとっていますからね。

 

 

まとめ

 書くことに100%の力を注いで、ブログの技術的な問題の解決に全く頭を使わないのもいけない。かといって技術的な問題に頭を使いすぎるのもよくない。

 

というわけで今回の教訓を生かしてこれからは 

ブロガーとは99%の「書く」ことと、1%の「技術的問題の処理」である

というスタンスでやっていこうと思います。こんな記事を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

*1:二つの間にある「TTL」とは「Time to Live」のこと。いわば、ここで入力した認証コードがキャッシュとして消去されてしまうまでの時間のことです。DNS(Domain Name System)の場合,、TTLは秒数で表されます。つまりTTLを「86400」にした場合、86400秒=1440分=24時間 認証コードが保持されるということですね。

参考:TTL(生存時間)とは - IT用語辞典 e-Words