ひつじ図書館

本と映画の感想ブログです。SFおおめ、恋愛すくなめ。

「量子魔術師」(デレク・クンスケン)感想

量子魔術師」(原題:The Quantum Magician)はカナダ人作家デレク・クンスケンの2018年の作品。日本語版は2019年に金子司訳で早川書房から出版されました。「テクノロジーは、我々を肉体さえ、根本的に変える。クンスケンはそれを見事に示した。」という劉慈欣のコメントが添えられています。 

 

 

「量子魔術師」あらすじ

 「世界軸」と呼ばれるワームホール・ネットワークを利用し、人類が遥か彼方の星系まで拡散した未来の世界。遺伝子操作で並外れた知能を得た種族「ホモ・クアントゥス」である主人公ベリサリウス・アルホーナのもとに、ある依頼が舞い込む。

 

依頼内容は、厳重に警備されたワームホール「パペット軸」に12隻の戦闘艦を通すこと。依頼主は永らく消息を絶っていたサブ=サハラ同盟第六遠征部隊だった。彼らの戦闘艦に搭載されたオーバーテクノロジーに興味を引かれたベリサリウスは、第六遠征部隊が隠すある事実を探り出し、依頼を受けることを決める。

 

ベリサリウスは依頼達成のために各方面のスペシャリストを集める。まずは、高圧環境に適応した種族「ホモ・エリダヌス」、「ヌーメン」と呼ばれる創造主を崇拝する種族「ホモ・プーパ」、ベリサリウスに加えもう一人の「ホモ・クァントゥス」などの人類の亜種たち。

 

そして、自分を聖ヤコブの生まれ変わりだと思い込んでる最先端AI、服役中の爆薬のプロ、遺伝子工学のスペシャリスト、死病におかされたベリサリウスの師など異色のメンバーからなるチームが出来上がった。

 

「警備されたワームホールを突破することは出来ない」という軍事的常識を、彼ら8人は打ち破ることができるのか、そしてベリサリウスの一世一代の騙しの秘策とは…。

 

 

作り込まれた世界観

映画「オーシャンズ」のような、「尖ったメンバーでチームを結成して、騙しの計画を実行する」という所謂コンゲームものです。しかし、肝心の詐欺計画には穴があったり、最後は力づくで突破するところもあるので、純正コンゲームを期待しない方がいいかもしれません。

 

むしろ、本作の真価は作り込まれた世界観にあります。「ホモ・クアントゥス」「ホモ・プーパ」「ホモ・エリダヌス」という3つの人類の亜種、AIや機械化された諜報員など、登場人物の設定が非常に手が込んでおり、「知性には様々なあり方がある」というSFならではのメッセージが伝わってきます。

 

設定について詳しいことはこちらの記事をご覧ください。 

www.bookreview-of-sheep.com

 

洒落た言い回し

 サブ=サハラ同盟の戦闘艦十二隻は最大出力の航行灯に照らし出され、(中略)下部構造の中心を艦首から艦尾までつらぬく巨大なチューブから不気味なチェレンコフ放射があふれていた。ベリサリウスは運命というものを信じていなかったが、それがあたりにただよっているのを感じとれた。

 

個人的にすごく刺さる言い回しがあるのも、本作の好きなところの一つです。芝居がかった感じがしないでもないですが、まるで映画のワンシーンのような描写や台詞がまたいいのです。翻訳者の方がとてもいい仕事をしてくれています。

 

 

続編「The Quantum Garden」

現在、直接の続編である「The Quantum Garden」が発売されています。日本語訳はまだなのですが、「量子魔術師」を超えた完成度なので、気になった方はどうぞこちらの記事へ…(ネタバレなしです)

 

www.bookreview-of-sheep.com