ひつじ図書協会

SFおおめ、恋愛すくなめ、「天冥の標」考察マシマシの本の感想ブログ。

山尾悠子

山尾悠子「山の人魚と虚ろの王」

人魚もいいが、「非在の猿」の話も好き。

山尾悠子「飛ぶ孔雀」—さぁ、流されよう。

山尾悠子『飛ぶ孔雀』の感想 内容の考察はあきらめて読み方の考察をしてみた。