ひつじ図書協会

SF多め、ジョジョ多め、「天冥の標」マシマシの読書ブログ

「新宇宙」と「球状閃電」 宝樹「三体X 観想之宙」

こんにちは、sheep2015です。今回は、中国生まれの人気SFシリーズ「三体」の「公式が認めた二次創作」こと、「三体X 観想之宙」(宝樹)を取り上げます。 具体的には、最終章「コーダ以後 新宇宙に関するノート」について語っていきたいと思います。読み終…

山の中でブラッドベリ「刺青の男」を読む

こんにちは、9日間の山籠もりから帰ってきたsheep2015です。今回は、山中で読んでいたレイ・ブラッドベリの短編集「刺青の男」を紹介します。

1990年の「SFハンドブック」を読む

SF

一昔前のSF紹介本「SFハンドブック」を紹介

【天冥の標解説】断章のまとめ②

前回に続き、小川一水のSF小説「天冥の標」の「断章」について解説していきます。前回の記事はこちらから↓ www.bookreview-of-sheep.com

【天冥の標解説】断章のまとめ①

小川一水のSF小説「天冥の標」の解説記事です。今回は、作中に時々挟まれる「断章」についてまとめました。

海外SFとの遭遇

こんにちは、久々の対面試験の到来に戦々恐々としているsheep2015です。今回は「sheep2015と海外SFとの遭遇」についてです。 sheep2015が2022年の4月までに読んだ著名な海外SFについて、読んだ順に「どのようにその作品と出会ったのか」を語ります。最近の若…

アヴドゥルの過去に迫る 「野良犬イギー」(乙一)

「JOJO magazine 2022 SPRING」掲載のスピンオフ小説「野良犬イギー」(乙一)を紹介

スタンドと波紋の間で 「無限の王 rey infinito」(真藤順丈)

「JOJO magazine 2022 SPRING」掲載のスピンオフ小説「無限の王 rey infinito」(真藤順丈)を紹介

「少年ジャンパー」を語りたい

こんにちは、一人称が時々迷子になるsheep2015です。今回はテレポート能力を持つ陰キャオタクが主人公の短編「少年ジャンパー」(中田永一)について、同一作家の日記的作品「小生物語」(乙一)と絡めながら語っていきたいと思います。

いつも心にヴォネガット

こんにちは、オンライン授業中に単位を荒稼ぎしたsheep2015です。今回は20世紀のアメリカ出身の小説家カート・ヴォネガット・ジュニアの作品に関する思い出話をしていきたいと思います。

グレッグ・イーガン「宇宙消失」

こんにちは、久しぶりに図書館で本を借りたsheep2015です。今回は、「星が消える」というインパクト大な設定と、取っつきやすさが魅力の長編SF「宇宙消失」(グレッグ・イーガン、1992)を紹介します。

4月は「聞き覚えがあるSF」を読む月間

SF

こんにちは、対面授業が復活したはいいけど、長すぎる通学時間を持て余しているsheep2015です。 というわけで、2022年4月から「聞き覚えがあるSF」を読む月間を開催しています。ルールは簡単。①一週間に一度、古本屋に行ってタイトルに見覚えのあるSFを買い…

リング、ソロバン、シリンダー。 「われらはレギオン4 驚異のシリンダー世界」

デニス・E・テイラーのSFシリーズ「われらはレギオン」の4作目、「われらはレギオン4 驚異のシリンダー世界」の紹介&感想です。「リングワールド」みたいで、とても面白かったです。

星にリングをかけるというロマン ラリイ・ニーヴン「リングワールド」

ラリイ・ニーヴンのSF小説「リングワールド」の紹介&感想です。SFファンの間で名作として名高いこの作品、初めて手に取りましたが評判に違わぬ傑作でした。

上遠野浩平「恥知らずのパープルヘイズ」 ジョジョ好きに刺さるスピンオフの金字塔 

「”恥”の感覚。それはオレにとって、人生で初めての”熱さ”だった。」