ひつじ図書館

本と映画の感想ブログです。SFおおめ、恋愛すくなめ。

The Quantum Garden あらすじと感想

 今回紹介する「The Quantum Garden」(Derek Kunsken,2019年)は、「量子魔術師」(原題:The Quantum Magician)の直接の続編。 アマゾンのレビューで「前作を超える完璧な続編」と評価されています。

 

 洋書をkindleで読むのは初めてだったので、その辺の感想も含めて綴っていきます。

 

 

前作「量子魔術師」あらすじ

 遺伝子操作で高度な知能を授かった種族ホモ・クアントゥスのベリサリウス・アルホーナはある日、弱小国家「サブ=サハラ同盟」第六遠征部隊に所属するイェカンジカ少佐から極秘の依頼を受ける。

 

 目標は、厳重警戒のワームホール「パペット軸」を12隻の戦闘艦で突破すること。ベリサリウスは依頼をこなすために、人類の亜種たちを集めた異色のチームを結成する。

 

 チーム内に裏切り者も出る中で計画は成功し、第六遠征部隊はパペット軸を突破。さらに彼らは文明世界の最大勢力「金星コングリゲート」が所有するワームホール「フレイジャ軸」を奪い、母国の独立を回復することに成功した。

 

 しかし、依頼をこなしたベリサリウスは、第六遠征部隊を出し抜いて彼らが隠し持っていたタイムゲートを抜け目なく奪っていたのだった。

  

The Quantum Garden あらすじ

 パペット軸の一件で、ホモ・クァントゥスの能力が軍事転用できることが知られてしまった。そしてホモ・クアントゥスを重大な脅威と認識した金星コングリゲートは、彼らの故郷「ギャレット」を星ごと壊滅させる。

 

 ベリサリウスたちはタイムゲートでギャレット壊滅前の時間軸に戻り、ホモ・クァントゥスたちを説得してギャレットを脱出させる。しかし、今まで大国*1の庇護の元で生きてきた彼らには、ギャレット以外の居場所はない。ベリサリウスはホモ・クァントゥスの新たな安住の地を見つけなければならなくなった。

 

   一方、サブ=サハラ同盟はフレイジャ軸でコングリゲートと苛烈な戦いを繰り広げていた。圧倒的な兵力差に加え、コングリゲートは反物質兵器をも戦線に投入してくる。おまけに、同盟政府の中では内輪揉めの兆しも見え始めていた。

 

   パペット軸での快挙から一転、追い詰められたベリサリウスとイェカンジカ。タイムゲートの盗難で対立していた両者だが、互いの利害が一致し再び手を組む。ホモ・クァントゥスを、そしてサブ=サハラ同盟を救うため、ベリサリウスたちは再びタイムゲートをくぐる。

 

 向かうのは39年前。第六遠征部隊がタイムゲートを発見した直後の時間軸だ。

 

第六遠征部隊の成長

 前作を超える面白さです。英語で読む不自由さを感じさせないくらいにワクワクさせてくれる作品でした。

 

 「過去に戻って、前作の強キャラが強くなっていくまでを目撃する」 という王道展開が非常に良いです。前作「量子魔術師」では、亜光速推進機構「インフラトン・ドライブ」を持っていたり、故郷に帰るために捨て身で敵を蹴散らす姿が印象的だった第六遠征部隊。彼らがどうやって「強キャラ」になっていったのかを掘り下げてくれるのが嬉しいですね。

 

   ちなみに、残念なお知らせを一つ。前作に登場した「爆弾姐さん」こと、マリー・フォーカスは登場しません。マリーの相方的キャラはしっかり活躍してくれるのですが...。「人類の亜種が色々登場する」というコンセプトだった前作に対して、今作は「第六遠征部隊の成長」にフォーカスを当てるために登場キャラを若干絞ったのでしょうか。

 

英語で読んだ感想

 なぜか激安だったのでkindleで読んでみたのですが、洋書とkindleの相性が抜群でした。辞書機能のおかげで、知らない単語は長押しすれば大体の意味は分かりますし(時々的外れな訳が出ることもある)、気になった単語はマーキングしておいて後で調べる、という使い方もできます。

 

 ただやはりというべきか、スラングはほとんどわかりませんね…。スラングばかり話すキャラクター「スティルス」が登場するだけで、解読率が半分くらい下がる気がします。あとは第六遠征部隊の隊員の階級名がちょっと分かりにくいかも。「Brigadier(准将)」なんて単語初めて見ました…。

 

 それでも、「量子魔術師」で出てきたような洒落た言い回しをオリジナル版で読むことができるというメリットは大きいです。例えば、タイムゲートをくぐるのに手を貸すようにセント・マシューを説得するベリサリウスの台詞

”After all this is done, you could become the patron saint of time travelers,not just the patron saint of banks. ”

や、40年前の第六遠征部隊に失望したイェカンジカの独白

The awe of walking at the true birth of the Sub-Saharan Union, what they sometimes called the seed born in the garden, was gone. Nyanga was no garden. It was just dark and cold mean.

などなど。「オリジナルはどんな文体なのか」が分かるのは、英語で読むご褒美の一つですね。

 

タイトルについて

 本作のタイトル「The Quantum Garden」の意味についてですが、「量子庭園」という訳には個人的には違和感があります*2。「garden」に込められているのは、上の引用箇所の「seed born in the garden」のように「何かを育む場所」という意味なのではないでしょうか。それならば、本作のテーマ「成長」とも合致します。なんか「量子庭園」だとしっくりこない気がするんですよね…。

 

 蛇足ですが、ゲーム「Final Fantasy Ⅷ」では「Seed」と呼ばれる傭兵部隊が「ガーデン」と呼ばれる学校で養成されるという設定があります。「The Quantum Garden」の場合も、この「ガーデン」に近いニュアンスが込められているのかなと思います。翻訳者の方がどう訳すのか楽しみです。

 

 

デレク・クンスケンのその他の本についてはこちら

 

www.bookreview-of-sheep.com

 

www.bookreview-of-sheep.com

 

*1:アングロ=スパニッシュ第一銀行

*2:中国語訳のタイトルは「量子植物園」